真の犠牲とはー?


ずっと祈っている女性がいました。



彼女は長年祈りを習慣にしていました。

辛い状況がやってきた時、



「神様よ、どうか助けてください。あなたの力が必要です。」と真剣に祈りました。



悲しみの中にいる時、

「神様、どうか私をこの悲しみから救いあげてください。」と祈りました。



そして、彼女は「神を悟りたい。」とずっと思っていました。

しかし、彼女は悟りませんでした。

人生の状況は悪くなっていきました。

彼女は祈ったのに、

神を求めたのに、

なぜでしょうか?


彼女は、「欲しい」と言い続けました。

しかし、それだけでした。



彼女は、「自分」を変えたくなかった。


「自分」や「自分を取り巻く環境」や「人生への捉え方」を握りしめていました。


その中に、欲しかった。


「自分」や「自分の求める環境」に、助けが、神様の親切心が、それらが欲しかった。

「I want love」

という言葉の、want(欲望)を消します。


そして、I(自我、エゴ)を消します。


すると、Love(愛)が残ります。

これが、方法です。

これは、人生の方法なのです。


「欲しい」なら「明け渡す」ことが必要です。

明け渡しただけ、私たちは手に入れます。


ずっと昔、クリシュナ神という神の化身がいました。


クリシュナは牧女たちに愛されていました。


牧女たちは、「自分は他の誰よりも神であるクリシュナを愛している。お使えしている。」と思っていました。

ある日、クリシュナが、とんでもない頭痛で地面に転がり込みました。

「頭が痛い!痛い!」


牧女たちはクリシュナを心の底から心配して慌てふためきました。


「クリシュナ様!私たちはどうすればよいのですか!あなたのためなら何でもします!どうぞおっしゃってください!」


牧女たちは口々に言いました。


「牧女たちよ、、!誰か、私の頭を思いっきり踏んでくれ。そうしたら、私の頭痛は治るのだ!」


あたりはしーんと静まり返りました。牧女たちはうろたえました。

(クリシュナ様の頭痛を治したいけど、自分が大きな罪をかぶってしまう、、)

この時代、男性の頭を踏むことは、とんでもない罪をつくると言われていたのです

牧女たちは、足元でもがき苦しむクリシュナを前に、何もできずただもじもじとするだけでした。


すると、遠くの方から、苦しむクリシュナを見たひとりの牧女が走ってやってきました!

「クリシュナ様!!頭痛を治すには、あなた様の頭を踏みつけるのですね!」

そういうと、彼女はクリシュナの頭を思いっきり踏みつけました。


彼女は、自分の罪のことは頭にもよぎりませんでした。

ただ、クリシュナが望むようにしました。


他の牧女たちは、クリシュナ神を最も愛していると思っていました。


しかし、それは『自分の人生に犠牲を払わずに』というものだったのです。


それは、クリシュナ神しか知りませんでした。



冒頭で紹介した、あの祈る女性は、ひどく暴力的で強い執着を持ち、自分を見下す夫に悩んでいました。

「神様、彼と別れたい。どうか、彼と別れさせてください。」

彼女は、10年祈り続けました。

そして、ある日、夢に神様がでてきました。それは、まさに彼女へのお告げでした。

「彼と別れる事ができます。別れなさい。」

彼女はとても喜びました!

しかし、彼女は1年たっても、2年たっても、その夫と別れる気配がありません。

ひとりの友人が彼女に

「神様からのお告げももらったのに、どうして、彼と別れないの?」

と聞きました。

彼女は言いました。

「夫と別れたら、私の生活はどうなるの?仕事もしていないのよ?家はどうなるの?神様は、いいパートナーかいい仕事を用意してくれるはずよ。神様は私を貧乏な独り身にしたいわけじゃないわ。今、神の恩寵を待っているのよ!」

それが、彼女の祈りの真相だったのです。

「I want career」

「I want god」

「I want peace」

want(欲望)を消し、I (自我、エゴ)を消したら、全てが手に入ります。

これが、人生の方法なのです。




記事の引用・シェア大歓迎です ※必ず引用元(URLとサイト名)の記載をお願いします。 ※サービスや商品等を宣伝・告知する記事への使用は出来ません。 (ブログなどに載せる時はお気をつけください。)

 

< 大分で2つのイベントがあります >


①-こどものためのカラーワークショップ 2days-

申し込み期限が近いので、お早めのお申し込みを!


日程 :①7/3、7/10 14:00-16:00 ②7/30 14:00-16:00、7/31 11:00-13:00

    ①と②どちらかの日程をお選びください

対象 :6歳〜10歳まで

講師 :mahoshono

料金 :6,000円(材料費込み)※クラウドファンディングの返礼イベントとなります

定員 :3〜15名

場所 :OPAM 2F 研修室

持ち物:汚れても良い服装、手が汚れるのでハンドタオルやハンカチ

お申込:クラウドファンディング『sandwich』





②- こどもソウルカラー -

クラウドファンディング限定のイベントですので、ピンと来た方はぜひこの機会を使ってください。



日程 :①7/16,17,18のアートプロジェクト期間中

対象 :0歳〜10歳まで

定員 :各日程3名まで

会場 :iichiko総合センターアトリウムプラザ

画家 :mahoshono

料金 :12,000円 ※クラウドファンディングの返礼品となります

お申込:クラウドファンディング『sandwich』






-開催まで、あと22日!-

クラウドファンディングなので全国各地からご参加できます。

たくさんの「私には、何ができるだろうか?」をお待ちしています。



あなたの永遠の物語となりますように。(PCでの閲覧を推奨しています) 【 絵本「ラストダンス」無料公開 】 ▶︎絵本「ラストダンス」無料公開 本をシェアするときのお願い シェアは大歓迎ですが、商品やサービスの告知や宣伝と共にシェアすることはお控えください。


 

EARTH GYPSY(あーす・じぷしー) Instagram / Twitter / HP