2人の坊主の最期のことば




寺に2人の坊主がいました。


2人は、毎日、お寺に訪れる人たちの相談を聞いていました。


相談者は、それぞれ悩みを抱え、苦しみ、とても不幸そうでした。


2人は、彼らの苦しみや不安を和らげてあげたいと思い、さらに熱心に彼らの話を聞き、説法をとき続けました。


時には家に出向き、話をしました。

あるときは、村の広場に大勢を集め話をしました。

時代も時代、SNSでも相談を聞く坊主として活動し、多くの人の相談を聞きました。


そうやって、2人は不幸で、悩み苦しむ人を救おうと行動しました。

気づけば、2人は、知る人ぞ知る、有名なお坊さんとなっていました。

時は立ち、2人に死が迫っていました。

その時、死のとこで、ひとりの坊主は泣きました。


「私は、たくさんのかわいそうな人、不幸な人の話を聞いて、説教をしてきたのに、私は、結局何を悟ったのだろう。たくさんの人に感謝され、多くの人を助け、幸せなはずだったのに、、私は何も悟ってはいないし、何も分かってはいない。」


坊主は悲しくてたまりませんでした。


しかし、隣で死の淵にいる、もうひとりの坊主はとても幸せそうでした。


そこで、かわいそうな坊主は聞きました。


「おい、お前はなんで、そんなに幸せそうなのだ?満足して、満ち足りてるのが伝わってくる。それはなぜか、教えてくれ。」


幸せそうな坊主は、言いました。


「はい、私は、みんなの話を聞く時も、説教をするときも、いつも、心の中で(私は誰か?)を問うていました。

その答えは、ある時は相談者を通して、ある時は、自分の内側から、答えをもらいました。

私は誰の相談も聞いていないし、説教もしていません。私が本当にしていたことはただひとつ、(私は誰か?)を問うていたのです。私は今、私は誰かを知ったので、とても幸せです。」


かわいそうな坊主は、自分の愚かさを心底悔やみました。

ひとりの坊主は、自分が早々にたどり着き、悟ったものとして振る舞っていました。

もうひとりの坊主は、探究者とし全ての人生を歩んでいたのです。


この2人の坊主の話からは、多くのことが学べます。

私たちは、役職や年齢、性別、関係なく、みな、探究者なのです。





記事の引用・シェア歓迎

※必ず引用元(URLとサイト名)の記載をお願いします。

※サービスや商品等を宣伝・告知する記事へのご使用はお断りしています。

 

-BOOKS-


\期間限定・送料無料クーポン配布中/ 

本EARTHGYPSY-はじまりの物語-


3万部のベストセラーとなった奇跡の実話。

これは「本当の人生を探す」あなたの物語ー。


「私たちはどこからきて、どこへいくのか?」

「わたしは何者なのか?」

それだけを知りたいという思いに導かれ、

言葉も分からず十分なお金もないまま、

‘前兆’だけをたどって南米ペルーへ。

 

そして予想もしなかった衝撃のラストが…!


あーす・じぷしーのはじまりを綴った唯一の物語。

人生が変わる1冊となりますように。


\愛と叡智の絵本・ラストダンス/

-こどもも大人も大切なものを思い出す本-


見開きいっぱいの色彩豊かな絵が圧巻のこの本は

あなたのハートに語りかけてくれます。


夢中になること、運命を生きること、

自分であること….。

人生を支えてくれる宝物のようなメッセージが

沢山詰まっています。


あなたの中にもこの少年はきっといるはず。