「手は社会に、頭は森に。」



今、この世界は、誰のためのものでしょう?


誰のために運営されているでしょう?


それは「この世界で、誰に対して最もサービスが行われているか」を考えればすぐに分かります。それが、対象者(ターゲット層)だからです。


それは、私たち『大人』です。


今、この世界は、大人のために運営されています。


ここでいう大人とは誰でしょうか?


それは、「消費してくれる人」です。いえば、「お金を支払ってくれる人」です。


お金を払える人の特権


お金を支払ってくれる人には、それに似合ったサービスをしてくれます。大人の私たちは、ある程度お金があれば快適に、不自由なく生活ができます。


たくさん支払いをすれば、豪華な物や、貴重なものが手に入ります。欲しいと思った物が手に入ります。


その種類は、本当に豊富で、私たちをさらに快適にし、心を飽きさせることがありません。


中華やイタリアンや色々な国の料理も食べられるし、疲れた時はサクッと安く早く提供してくれる飲食店もある。


ストレス発散するための場所、居酒屋、リラクゼーション、スポーツジムなども用意されています。


ネイルやアクセサリーやお洋服で自分を素敵に演出できるし、日常を離れて、旅行もできる、贅沢なホテルや、リゾート気分を味わえる施設もある。


刺激が欲しい時は、ギャンブルもできる。性的なサービスさえ需要に合わせて豊富に揃っています。


消費者の私たちが外出をしなくなると、家でたくさん映画が観れるようにと、映画の配信サービスが豊富になるし、家で趣味や習い事ができるようにと、動画配信がどんどん便利にアップデートされます。


この社会では、お金を支払ってくれる『大人』が、「欲しい!」と思うものを、

それを支える企業や人たちが、熱量をもって、コミットし、作り出してくれるのです。


この社会のメンバーは?

しかしこの世界には、お金を支払う『大人』以外に、他のメンバーはいなかったでしょうか?


こどもたちや、体が不自由で働くことが困難な人たちーなども、この世界のメンバーではないでしょうか。


では、この世界が、この『大人』にサービスをし続ける仕組みを続けるのなら、この先どうなるでしょう?


それは、本当に全ての人が幸せになり、世界全体が愛の上で運営された世界になるでしょうか?


いいえ、絶対になりません。


戦後からこのサイクルが始まったとしても、もう既に、私たちは、このサイクルの結果を目の当たりにしています。今の社会が結果なのです。


このサイクルではダメなのです。


あの時、無垢で、愛に心をひらく可能性をもち、世界をいい方向へ導く仕事をするはずだった子どもたちは、消費する『大人』へと成長してしまいました。


そして、苦しんでいます。


今のこどもたちも、消費する『大人』へと成長させたいでしょうか?


いいえ、彼らこそ、この世界を10年後、20年後、100年後、愛を基盤にした社会をつくるためのキーパーソンたちなのです。


「私たちの中にこそ、変わることのない価値がある」


その真実を最も伝えてあげないといけない人たちは、こどもたちです。


また、こどもたちを、生み育てて、神様から預かっているお母さんたちにも、子どもたちのためにそれを伝える必要があります。


このこどもたちの5年後というのは、未来の変わる5年後です。


だから、私たちは「こどもたち」へのプロジェクトを始めました。


これは、この世界の未来に関わることだからです。そういう意味でも、こどもたちとは、本当にわたしたち人類がもらった宝物なのです。


大人にできること


まず、私たち大人にできることは、大人は、『サービスを享受する』という感覚に慣れすぎています。なので、サービスを受けることから、サービスをする(与える)ことを学び実践してください。


自分に利益や返ってくるものはないけど、この世界のためになることをしてください。


すると、どんなセラピーでも、占いやセッションでも、また日常の喜びでも得ることができなかった、「幸福」と「心の安定」が手に入ります。


私たちの不幸の原因のひとつは、サービスを受けるばかりで与えていなかったことにあります。


犠牲を払わずに、自分がやりたいことや出来ることだけしてもダメなのです。今からはその先です、犠牲を払い人を助ける時です。


インドのサティアサイババ の有名な格言、


Love all serve all

(全てを愛し、全てに仕える)


という言葉があります。


今こそ、これを実践する時です。


それは、こどもたちに対してです。対価を支払う大人に対してではないのです。


企業や社会は、本気でこどもたちへの取り組みはできません。なぜなら、お金にならないからです。


だから、私たちひとりひとりが、するべきです。


ひとりの無私からの行動は、世界を変えるパワーをもっているのですから。


それが、霊的な人の歩みなのです。



行動されない愛は意味がなく、

愛のない行動もまた、意味がないのです。

ーインドの聖者の言葉




記事の引用・シェア大歓迎です

※必ず引用元(URLとサイト名)の記載をお願いします。

※サービスや商品等を宣伝・告知する記事への使用は出来ません。




 

-Work Shop-


①カラーワークショップ -2days-自分の似顔絵を色で描こう



身体でもない顔でもない自分を、色で描きます。1日目は匂いや音を「色」にします。2日目は自分の似顔絵を色で描きます。「色」を通して自分を見つける特別な2日間!


詳細 | https://drive.google.com/file/d/1Tl2wEllsKf3jlpR9VI1fTHWJaWPDFU0h/view


日程 |

7/30(土) |14:00-16:00

7/31(日) |11:00-13:00

★基本両日ご参加できる方

対象年齢:6〜10歳程

(10歳以上でご参加したい方は個別にご連絡ください。▶︎ info@premahw.com )

場所:大分県立美術館OPAM 2F 研修室

https://www.opam.jp/sp/page/access.html


お申込み | こちら

★クラウドファンディングからのお申込みとなります。


お申し込みでお困りの方や、何か分からないことがありましたら、こちらまでご連絡ください。


▶︎ Info@premahw.com


 

「絵本ラストダンス展」

アートプロジェクト



        ▶︎こちら