願いを込めてー、絵本「ラストダンス」全ページ公開


 

「ラストダンス」の物語を、

日本中のたくさんの人が読めるように、

全ページ公開することにしました。


こどもから大人まで、絵本を手に取れない人も

この物語が胸の奥で輝きますように。

作者 ​あーす・じぷしー なほ まほ

2022年6月

 

作者 なほより


2017年に「ラストダンス」の物語を夢で教えてもらい、2020年から制作を始め、2年間をかけて完成して、今年の4月に無事に発売となり、2ヶ月がたちました。


この物語は、本になる前から、私たちにとってとても大切な物語でした。そして、今こうして形になって、この物語は、今の時代に生きるすべての人に大切な物語なのだと強く思います。


「ラストダンス」は、”家庭環境、国籍や性別、友達の多さ、体の丈夫さ、成長の早さ、内気な性格、活発な性格…それらにまったく関係なく、自分の内側にこそ素晴らしいものがある。それを、探し見つけ出さなければいけない。” と、伝えています。


裕福だった人が貧しくなったり、健康だった人が治療が必要な体になったり、心が壊れたり、家や仕事を失ったり、両親や大切な人を失ったり‥


多かれ少なかれ全ての人が変化を体験する中で、


「何を失っても、何が奪われても、私たちの中にこそ失われない価値があるのだ。」


と、小さな少年の人生を使って語りかけてきます。


なので、この物語を、日本中にいるすべての人が読めるように、公開することにしました。


これが、きっと「ラストダンス」の願いです。


こどもから、おとなまで、絵本を手に取れない人も、この物語が胸の奥の大切なころで輝きますように。


ぜひ、「ラストダンス」があなたの大切な物語になったら、あなたの大切な人へも、この物語を教えてあげてください。


 

作者:まほより

人に認めてもらったり、

友人がたくさんいたり、

目立とうと努力したり、

普通でなければいけなかったり…

自分ではない何かにならないと

居場所がないようなこの時代、


彼は堂々と、ここにいる!

あぁ、彼は、なんて自由なんだろう、

なんて伸びやかなんだろう。

賑やかな夜、友人たちをあとにして、

彼は行ってしまった。

人の目を気にするひまもなく、

思い切り身体を伸ばす。

あぁ、彼のように生きれたら、

私たちはどれだけ自由だろうか。 


あぁ、誰かと違ってもいいと、

誰が教えてくれるだろうか。

この少年に憧れて、

この物語に憧れたあふれる思いが、


他の誰かへと届きますように。



絵本「ラストダンス」全ページ公開





記事のシェア大歓迎です!

※必ず引用元(URLとサイト名)の記載をお願いします。

※サービスや商品等を宣伝・告知する記事への使用は出来ません。


 

-忘れられない3日間-